FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

思い出のマントルに追加!猫頭んとる!!

2015年11月03日
今まで登った課題で印象深いマントルベスト3はなんですかと聞かれたら
ぼくは
1位 マット一枚の素登りでヒール抜け
2位 静かの海のマントル
3位 フィロソフィーの一つ上の岩にある2級のマントル

という感じですが今日のは3位に食い込んでくるかな!

さて、
1日の日曜か3日の火曜どちらか岩場に行かせてくれと交渉しOKをもらい
当初は日曜にと思っていたんですが火曜行きませんか〜と誘われたので
火曜にしたところ月曜に結構な雨。

ついてないなあなんて思いつつも午後には間違いなく乾くとポジティブに
出発し須玉に到着するも追い打ちをかけるかのような濃霧。
CS1tkMFUcAAIk90.jpg

不安になりつつ瑞牆に着くと霧は晴れて快晴なものの
アスファルトはペッタペタ。

遠い岩まで歩いて濡れてたら悲しいので近くの岩で最初は遊ぼうってなり
選んだ課題は猫頭んとる。

岩は完璧ではありませんが意外と乾いていました。

下部がどうみても簡単なのでそこでアップができます。
あわよくばフラッシュをとかなりの時間取り付くも
中間のガバから先には行けずフォール。

結局数トライ中間部のガバからリップとりまでのムーブで
ハマってしまい早いとは思いつつもyoutubeでカンニング。
しかし数あるムービーから選んだ一つが自分にあってなく全然できず。

数ある時はクソ強い人のムービーじゃないほうがいいね...

体格が人と違うってのもあって
結局は自分で試行錯誤した方が早いので岩を見ながら考える。

で程なくしっくりくるムーブが見つかりリップがとれるも、そこからもまた大変でした。
右手も左手も顕著なホールドがなく本当にこれでマントル返せるのか?という"見た目"で
しかも結構高い。左は岩にコケがついてるので右脚あげてマントルだろうと
だれしもが思うでしょうし、最初のカンニング動画も右脚あげだったし、
実際目の前で右脚あげで一人完登したので流れは完全に右脚あげ。

でも全くできず

かなりの失敗トライの末、移動臭がしてきたので最後のカンニング。
今度は前日みた自分と同じくらいのグレードの方の動画を再生してみる..
あら〜左脚あげてらっしゃるわ〜

ということでラストトライで左脚あげて完登できました。よかった。


動向した友人たちも左脚の流れができたら次々と完登し気持ちよく移動。
大面岩下へ。

B岩の宿題がある友人を見届けて単身ベシミへ。


ぬかるんだ急斜面でかなりの体力を吸われるも
ベシミのエスケープ1級もいい加減片付けたいので
焦らず呼吸を整えいざ…

結果は前回より一手進んで、絶対ここが核心だわってところが越えられず敗退。
狭いところで脚を動かすのに手への負荷が結構集中しちゃってダメですね。


雷帝やってる友人がこのあとエレスアクベに行くっていってたのですが
何時にと聞き忘れたので少し早めかもしれないけど早めに切り上げて撤退。

トレランよろしくの猛ダッシュで下山すると丁度移動の瞬間。
良かった。でもどうやらエレスアクベの前にB岩にいくらしく、
B岩はもうお腹いっぱいなので
ジャイアンとパンダという3級をみながら昼食。

食後に数トライして完登。3級にしては簡単めかなと感じましたが
僕は狭くてスタート部分で苦労しました

でB岩。僕は歩き疲れてエレスアクベまでの気力がないし、
友人は雷帝後のB岩でかなり吸われたようでエレスアクベは
なしで同意。ここらを満喫して本日は終えようとなりました。

で本日は猫頭んとるではじまりDKマントルで終わらせることができれば
ブログ的に綺麗にまとまるしいいじゃな〜いと下心丸出しで挑むも
ぼくは見事敗退。

ヒールがすっぽ抜けてケツから落ちて肛門が裂けるかと思うほど
尻が開きました。猫頭んとるでこの落ち方しなくて良かったと
思いながら尻を撫で回し日が暮れてゆくのでした。
瑞牆