FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

久しぶりの恵那

2014年09月13日
子供が生まれてからというもの、
休日に息子と妻を置いてクライミングに出かけるのは非常に忍びないし
一緒にいたいっていう気持ちも強いんだけど、
かといって登らずに過ごすていると自分が腐っていく感じがして
それもまた精神衛生上よろしくない危機感を覚えるので

3連休初日に日帰りで恵那に行ってきました。

まぁ昨今の登ってないっぷりで劇的に登るようになるなんてことはないものの
シュクラン(1級)は今まで何度もこの岩に来ては
棚の上にすら上がれずもう嫌になっていたのに
自分にあったムーブが見つかって棚の上に上がれるようになりました!

しかも完登間近でテンションアップ!

岩場ではスマホをポケットから出すことも無く
岩場の写真は一枚も無し。カメラすら持って行かなかった。
モチベーションが低かったんでしょうね~
スポンサーサイト



笠置

3時間だけ恵那

2011年10月10日
3連休の初日は宅配が4件もあってそれの受け取りと
結婚式の二次会で結局1日潰れてしまい、
2日目から心臓の手術をした親父を見舞いに実家の愛知へ
親父はペースメーカーが入っているって言われてもわからない位
手術前より元気になってました。良かった。

あと引っ越しの際に部屋が狭くなって置けなくなった
イームズのシェルチェアを実家にプレゼントしてきました。
ShellChairs.jpg
お尻が固いと不評でしたけど色は合ってるとでまぁよしとのこと。手厳しい…

3日目は朝から岩場に…って考えていたものの
ランチまで引っ張られてしまい13時に豊川インターで両親とお別れしました。

渋滞に突っ込むけどまっすぐ帰るか岩場で遊んで夜中に着くように帰るか
迷ったけれど3連休で1日も登らないってなると何かリズムというかが
悪くなりそうだったので登って帰る事に。

豊田か恵那か迷った末、宿題のある恵那へ

13時に豊川を出発し、渋滞が無かったので15時前には電波塔エリアの駐車場に
着く事ができました。連休中のみ整備の工事をしているいつもの道が
解放されていた模様。

時間もないのでアップもそこそこに前回の宿題の見晴らし1級を。

さすがに1か月位しか経ってないのでムーブも直ぐに思い出して
数回で核心の一手がとまりそのままトップアウトできました。スッキリ。



続いてチヒロの宿題のエル3級へ。
女性には厳しいのか被った岩で大きくデッドするムーブができないみたい。
まぁ練習不足だと僕は思うけどね。

時間も無いのでチヒロの休憩を兼ねてイルカ1級を様子見にいったら
大岡山で何度か会った人と会いました。
ムーブ見せてもらって自分もトライした。

う~んスローピー。核心にはすぐに行けたけど核心で完敗でした。
でも左トゥフック→クロスで右トゥフック→左をヒールフックのムーブは
なんだか新鮮で面白かった。ジムで課題作る時に真似できたら真似よう。

間もなく暗くなってきてしまったので急いでエルの岩に戻ってチヒロのトライ。
結局できませんでした。練習して出直してこいや!って岩に言われてました。

17時半に恵那を出て目先の渋滞がどんどん短くなっていくような感じで
一度も渋滞にハマらず談合坂で1時間休憩して10時半には自宅に着きました。
なんだかラッキー。

3連休で2時間強しか登れなかったけれど1級登れたしまぁまぁ満足ですよ。
でもそろそろ初段以上の成果が欲しいな。
笠置

2011シルバーウィーク 恵那ツアー・3日目

2011年09月19日
恵那ツアーも最終日の3日目

メンバーと話し合って朝食はキャンセルして6時発で岩場に行こうと決まった。
そういうストイックなところ好きっす。


3日目。
アップで登れたらラッキー程度で見晴らし1級を触り
(登れず)移動。散策したり2級に跳ね返されたり
1級の課題に涙したり2段位の課題をさわったり。

そして出発間際駐車場に戻り見晴らし1級のラスト本気トライ。
参加者の一人に蛍の光を口ずさまれる中
最後の最後で右手は指先だけかかる甘いスローパーで飛び出し
遠いとこにある薄めのカチをつかむ核心の一手が止まり、さらに
オープンからカチ持ちに握り込めた!
あとは4級のシーケンスを登れば終わりだ
ってところで初めて触る4級部分で痛恨のホールドの選択ミスで
落ちてしまった
落ちた後に4級部分のみ登ったら簡単に登れたので
事前に触っておけば良かったと激しく後悔。


そしてタイムアップ。
時間が全く残ってなかったので悔しい敗退をした。

期間をあけずに来ることができたら登れる可能性が高い
左のホールドの持ち方を変えて体を上げてから遠いデッドを発射すると
止まりやすいってのがわかったからまた恵那にいきたくてしょうがない状態で
引き上げることができたのである意味良かったと思う。

成果の乏しいツアーだったしトライも本気だったかと言われると
まだ出せたかもと若干後悔するようなクライミングの内容だったけど
それ以外の仲間とワイワイやる醍醐味は十二分に満喫できたから
今回のツアーは大満足だ。

笠置

2011シルバーウィーク 恵那ツアー・2日目

2011年09月18日
初日は雨が振ったりやんだり晴れたり曇ったりの
気分屋の女の子みたいな天気だったものの夜には雨もあがり
明日はいい天気かもななんて思って目覚めた2日目。

地面びしょぬれ。

どうやら夜の間、しかも明け方に降ったみたい。

まぁでも空は晴れてるし、てか暑いし行ってアップしている間に
なんとかなるっしょってことで移動。

行き先は大岩ごけエリア。いつもの道は工事中なので大回りして駐車場へ。

案の定岩は乾いてた!やったね。
ってことでアップでエルの岩へ。みんな何故かこの岩が好きなんだよな。
他にアップできる岩は沢山あると思うんだけど。

アップで超お買い得2級だと思っているエルトラ2級を繋げてトライ
8級のトラバースとかぶった3級をつなげるこの課題、8級部分も
3級部分もアップにはもってこいだ。
アップといいつつ1トライ目、2トライ目は落ちて3トライ目で登れた。
3トライ目は超本気トライだった。ほほほ。

とりあえず前回のリベンジは果たしたか。よかった。

その後、ウォールフラワーの岩へ
ウォールフラワー3級をやってみたかったので触ってきた。
YouTubeとか全く見ていなかったのでなんとなしに触って
殆どのホールドを飛ばす、リーチとタッパで解決するムーブに
たどり着き数トライで登れた。それでいいの?っていう自問自答は
スタートとラインさえあってりゃ外岩に限り登れたらなんでも良し。
と言い聞かせまずまずの満足感が得られた。
結構面白い課題だった。

次はクリスカンテ3級。これは2トライで登れた。簡単。
上部で両足切ってブラーンってなるムーブがしびれた。でも手がいいから
そんなに怖くはなかった。
wabisabiと同じグレーディングだけど明らかに難易度は違うしどうして
こうなったんだろう?

最後は初めて来た時にさわってみて可能性をビミョーに感じてた
見晴らし岩の見晴らし1級。
この課題は最初の数手が簡単でパシパシ行くので
なんか頑張ってる気分になれる。やっぱり前回と同じところで詰まるかと
思ったけど時間を置いたらあら不思議。前行けなかったところはなんとか行ける
ようになっているではないですか!

俄然やる気!ってところでタイムアップ。

そういうもんですよね。団体行動って。

笠置

2011シルバーウィーク 恵那ツアー・初日

2011年09月17日
3連休は恵那にいこうとなって
前から準備を進めていたんだけれど
どうやら天気が土曜と月曜が雨。
それでもまぁ宿もとってしまったし
レンタカーもキャンセルできないし
いったれいったれということで
晴れ男パワーも虚しくなる豪雨の中車を走らせて恵那入り。


恵那につく頃には豪雨は小雨に変ったものの
クライミングはもうだめっしょという雰囲気だった。
がしかし静かに燃える僕のクライミングモチベーションが
ケーブの課題なら打てまっせ。いきましょよと周りに吹聴し
11人もの人にクソ悪いテンプテーションエリアのアプローチを歩かせ
モストラ2級がある岩へ。

12人入っても大丈夫という立派な岩の屋根があって雨をしのぎつつ
トラバースをやってやんや遊んだ。
が、この2級指が割れ目に入らないとクソ難しくなるようでして
そのホールドを飛ばしていけるムーブを探したけど
結局無いね。ってことで悪くても指先だけで持つ。に修正して
いくつかムーブを試すも結局登れなかった。

一番モチベーションの高かった僕が一番早くにモチベーションが下がり
トイレを理由に下山。そのまま栗拾いなどを1時間し
12時頃には予約していた恵那の市民体育館にみんなで移動。
バレーボールとドッジボールなどして楽しみましたとさ
いい歳して汗だくで遊んで楽しかった。

晩は早くからのんだくれて何年かぶりのUNOなんかしちゃって
とっても楽しい合宿一日目でした。

2日目に続く。
笠置

恵那で散策

2011年05月07日
オモダルを無事に片づけることができたのでその後は
次にできそうな1級以上の課題探しと
友達に勧められそうな3級未満の課題探しをしてきました。

カグツチ岩 カグツチ 1級
ルーフから出てくる課題。1手目はツルッツルのスローパー
保持できたが次のホールドに手が出なかった。

つくる返しの岩 名無しのトラバース 1級
前回もやったが今回もできなかった。
ムーブはばらしてやっても確率低すぎて遠そう。

つくる返しの岩 名無し直上 1級
上記のトラバースのスタートから直上する。
カンテをフリクションだけで保持するのが難しくて遠そう。

シャクヤクの岩 e 4級
スタートしてマントル返すだけ。マントルは若干難しい。


シャクヤクの岩 ボーコーエン 2級
スタートできそうでできなかった。
ランディングが若干悪くスポット無しだと速攻で心が折れた。

カタール岩 砂漠のらくだ 8級
8級のくせにクソ難しい。トポのライン通りに登れず若干左に逸れて
右に戻ってくるムーブでなんとか登れた。5級か6級はあるんじゃないかな。

カタール岩 カタール 7級
上部に行くほど簡単になるが高さがあるのでドキドキ感が楽しめる7級
トポのスゴクオススメマークもうなずける。

カタール岩 ドーハトラバース 4級
核心は低い場所で安全だし、ビビりな友人に勧めるのにいい課題だと思う。
僕は3回トライして登れなくて諦めた。

カタール岩 一番左の6級
トラバースの4級でよれてできなかった。

保科課題の岩 イトウアイランド 3級
スタートが少しコツがいるかもしれない
上部に行くほどホールドが良くなる。簡単目な3級。
成果が出なくて不機嫌な友達がいたら勧めたらいいかも。


ランジの岩 笠置山ジャンプ 初段
狭くてかホールドが小さすぎてスタートできない系と読んでたら
やっぱりそうだった。ホールドは良いが狭くスタートの態勢になれない。


他にも見たけどこんな感じで残りの時間を過ごしました。
笠置は岩がでかいから手数が多くてすぐよれるな。
ふーいい岩場だ。
笠置

恵那再び。"オモダル"リベンジの結果は…

2011年05月07日
ゴールデンウィークもあとわずか。
先日亡くなった祖父のお墓参りも兼ねて金曜に愛知に帰省し
GW最後の土日は体を休めるはずだったけど僕は気づいてしまった。

実家から恵那は遠くない!

クライミング始めるまでは僕の実家は何もなくて
退屈なところとずっと思っていたけど
鳳来の岩場まで40分、豊田の岩場まで60分
なんと恵那まで120分とアツイ立地にあるんです。

そう思ったら居てもたってもいられずに
マットを背負って新幹線に乗っていました。

そして7日土曜早朝3時に起床して母親の車を借りて行ってきました!
まさかの恵那リベンジ。


狙いは4日に登れそうで登れなかったカグツチ岩のオモダル1級
早朝の東名、東海環状、中央道をかっとばして5時には公民館に到着。
300円払って東屋駐車場にダッシュ。

今度は迷わずカグツチ岩に着いた。6時前だったきがする。
一発で落とさないとまたヨレてしまうだろうと思ったので入念にアップした。
前回と違って今度はマットが一枚しかなくスポットもいない。
スタートのところは前回も落ちなかったのでマットなしと決めて
イザナギ3級の落ちやすいところに置いた。

そんなことをやってたら7時過ぎ位になったと思う。

落ちて頭打って気絶したらどうしようとか思いながらもスタートした。

初手を出すとき前回は100%足がきれなかったけど今回は足がきれた。
が落ちなかった。

気負いすぎてさんざんイメージしてたムーブが出なかった。
でも落ちなかった。

途中で右手の中指の爪が剥がれた感触があった。
けど諦めなかった。

前回落ちまくったところは簡単に越えて無事登れた。
よかった。やっぱそんな難しくない1級だった。



マイナー過ぎるこの課題。トポにもG(オススメ)マークは無いので
だれもやらないかもしれないけど、興味を持ってもらうために
つなげ映像に局所のカットインを入れようと思って局所の映像を撮った。
カットインをみてもらうとわかるけどホールドは全部良い目。
特に持てないなんてところは無いはずです。

長もの得意な人やリードもやるぞって人は簡単に登れる可能性が高いです。
リードだと11b位かな。

ゴールデンルーフやりにいったついでにやってみてください。

続く。
笠置

笠置(恵那)二日目

2011年05月05日
ぐっすり眠ったので朝はバシっと目が覚めた。
体に痛いところはないけど昨日は頑張りすぎたので
疲労は残っている感じ。

このコンディションじゃ長ものは無理なので一手モノ一手モノと
トポを見る。

wabisabi 3級

これに決めた。

ってことで移動。

課題をトポではなくて生で見た感想は
こりゃ無理かもな。と直感で感じた。
前日のつくる返し3級とだぶる。

それで逃げては男がすたるととりついてみたら
やっぱり駄目だった。これは難しい。

足を変え手を変え数トライ。
全部だめだった。よれてるとかそんなの関係なく
今の僕の実力じゃ無理っぽ。

上腕がキュンキュン痛む。

2時間くらい粘ったけれどとりつく島無し。

次はシュクラン1級。できる気はまったくしないけれど
触っておいて次に繋げようという思惑があったり。


棚の上に足がのらね。

これも先は長そうな1級だな~

ってところでタイムアップ。
渋滞を考慮して13時には恵那を出発しなくてはならないので
2日目はこんな感じで終わり。

予想通りの渋滞だったけれど車内のチームワークで
無事に東京に帰ってきました。


は~恵那は楽しかったなぁ
また来たいなぁ。
笠置

初めての笠置(恵那) 1日目

2011年05月04日
GW前半の小川山に続いて後半は初めての笠置(恵那)にいってきました!

最近文字ばかりのblogになりがちだったので今回は丁寧に
映像を撮ってきましたよ

3日の25時頃に池袋を出発。渋滞も無く5時過ぎには水車小屋に到着。
記帳をすませ300円を各々箱に入れてさらに車で15分
まずはテンプテーションエリアBに向かうということで東屋駐車場に駐車。

丁寧にトレースが作ってあるのに最初の看板を右に曲がらずに直進してしまったため
道に迷ったものの30分ほど歩いてモスブリッジ(岩の名前)に到着。
DSC08956.jpg

思わず写真を撮ってしまう大きくてかっこいい岩だった。
笠置の岩はどれもでかい。忍者岩やくじら岩も大きいけれどそれより遥かにでかい。
不可能スラブとよりもでかい岩もある。

アップで東風という6級を登った。

少し高いので怖いけどホールドも持てる感じのが随所にあり
足もがっつり乗るので問題なく登れた。

次は上の写真の右下に上部がちらっと見える岩、565の岩の2級を見てみると
明らかにホールドが良くて簡単そうに見える。何か裏があるに違いないと思って
とりあえず触ってみた

動画はオンサイトトライで落ちないぞって気合いが入ってるのでうーとか唸ってますが
そんなことする必要がない位簡単だった。後で聞いたらチヒロも一撃だった模様。
これはお買い得な2級。リーチとか関係なくて誰でもお買い得。略してDOD

2級をオンサイトしたのでかなりの上機嫌でカグツチ岩へ
まだ2回しか登っていないしもう少しアップの必要があると思ったので
この6級をチョイス。

実は2回程落ちました。意外と悪いところがあるし下地が悪いので勇気が出ずに落ちてしまった。
でもおかげで体は暖まったしいけるだろってことで
同じ岩のイザナギという3級にトライ。
これは見事一撃できた。リップをとるところが難しいかなと感じたけど身長があると
いきなりガバがある奥まで届くので楽といえば楽。


これが一撃できたので欲がでてしまった。
この岩の下からこの3級に繋げるオモダルという1級に手を付けたが、
これがまたヨレる課題でみるみると体力を吸われていく。
しかし毎度いいところまでいくんです。これが。
イザナギに合流してリップに手を伸ばすところまでいくんですが
そこでよれてしまって手がでず落ちる。その繰り返しだった。
あとちょっとなものだからついつい頑張ったが結局敗退。
敗退を決めて移動する事になった10時過ぎにはすでに体力が尽きて果てていた。


一度車に戻って大岩ごけエリアに移動し
一度は触るべしとの課題“時計”4級にトライ。

先ほどのヨレは大分回復したけどそれでも力が入らず4回目で完登
僕は石に抱きついて登っていくムーブに落ち着いた。


となりのトヨタッコという4級はスタートすらできなかったのは内緒です。

次に時計塔岩のすぐ裏にある見晴し岩をチェック
見晴らし1級のラインはここさえいければいけるんじゃね?って予感がしたので
とりつくもそのここさえがいけなかった。でも登れたらきもちいいだろうなという課題。
いつかはやっつけたい。10本位撃って敗退。10本とも律儀にスタートからやって
核心で落ちてを繰り返したのでヨレた。

昼食を済ませゴミを車に入れて移動。イルガの岩は満員御礼だったので
エルの岩にいこうとなった。

エルの岩は十分なマットが敷いてあったがマットの持ち主たちは休憩中のよう。
僕らもマットをだしてまずはエル3級から。
よれまくってて1撃こそ逃したけれど3トライ目で登れた。
スタンスもしっかりしてるしホールドもどれも大きいジムっぽい課題。


それが登れて次はエルエルというトラバースしてきてこのエル3級につなげる課題をトライ
やっぱりよれていたので合流後に全く体が上がらなかった。
体力はもう0だ。

最後は時間もあったので見学がてらつくる返しの岩を見に行った。
ここも結構人がいて見てたらやりたくなってしまったので
つくる返し3級をトライ。これが3級?って思うほど難しかった。
スタートができるようになるまで数トライ1手目止めるので数トライ
2手目止めるので数トライで結局ランジのパートまでいけずに敗退を決意した。疲れた。

その後チムニーっぽい名も無い8級をやったり
平山ユージ設定の名も無き1級のトラバースをやったりで
この日は17時に山を降りてラジウム温泉郷に泊った。

滅茶苦茶疲れていたんだろう。飲んで布団に入った瞬間に
眠りに落ちた。
笠置
 | HOME |